HOME採用情報先輩からのメッセージ宮崎を再発見し、人々の暮らしの「一歩先」を創り出す
宮崎を再発見し、
人々の暮らしの「一歩先」を
2017年入社 / 設計部
富高 直人

入社のきっかけ

延岡市出身で、延岡高校を卒業後、関東の大学に進学しました。在学中に情報関係について学んだ後、Uターン。叔父が個人で測量の事業をしており、取引先である当社を紹介してもらいました。家族もいて落ち着いた環境の地元で過ごしたいと思い、戻ってくることを選択しましたね。

Q1入社後のスキルアップ

入社後、研修センターや講習会に参加しながら基礎知識を身に付けました。
ものづくりそのものはとても好きだったので、学びの時間は楽しかったです。現在は、橋梁の設計や補修設計などを行っています。点検や調査で現場に行くことも多々あります。複雑な構造物の際には、自分の知識が追いついておらず悩むこともあります。そんなときは上司や協力会社の方に相談しています。
資格取得や講習受講に対して積極的にサポートしてもらえるので、自分の「こうなりたい」や「こうしたい」が実現しやすい環境だと思います。

Q2業務内容とやりがい・職場環境

現場は、県内全域。地元でもこんなところがあったんだな、と知ることができて毎回楽しいです。自分が携わったものが街に溶け込んで利用されているのを見ると、感動します。これまでやってきたことが形になって残るのは、純粋に嬉しいですね。また、設計する際には、発注者さんや土地の所有者の方など、様々な関係者の意向を汲む必要があります。複雑な条件の中で、設計が終わった際に「丁寧にまとめてくださって、ありがとうございます」というお言葉をいただくことがあって。そんなときにはやってよかったなぁと思います。

社内の雰囲気は、社員は皆仲良く、家族のような雰囲気。とても相談しやすいです。そんなに人数も多くないので、一人一人の距離が近いのも良いと思います。また、それぞれ専門性も異なり、お互いに高め合える存在で、連携もしやすいですよ。

Q3皆さんへのメッセージ

土木設計は建築と違って、あまり馴染みがないのではないでしょうか。そこに暮らす人々の「ここにこういうものができたらいいな」「地元の人達を過ごしやすくしたい」ということを、自分たちの考えや自分たちの手で創り出せるというのが大きな魅力です。皆さんの生活を支えるインフラを創り出すということに魅力を感じる方に、ぜひ来ていただきたいですね。

一日のスケジュール
7:45
出社
10分くらいのとこから車通勤をしています。
車通勤です。専用駐車場を利用しています。
8:00
朝礼(月曜朝のみ)
月曜の朝のみ、朝礼を全体で行っています。
1週間の流れを確認します。
12:00
お昼休憩
お弁当持参したり、購入しています。
1時間の休憩をとります。
13:00
業務再開
午後は打ち合わせが入ることが多いです。
設計業務をしています。
19:00
退社
17時半ごろに退社することもあれば、
20時ごろまで残業をすることもあります。